タブレットとパウダーの使い分け




運動選手は、競争相手との戦い、記録との戦い、体力との戦い、気力との戦い、そして自分との戦いなど、すべてと戦っています。
その戦いに勝つためには、自分の肉体と気持ちを最高の状態に持続する健康管理がとても大事なポイントとなります。

プロテインタブレットは、いつでもどこでも手軽に持ち運ぶことが可能な手のひらサイズの容器に入った便利な携帯タイプで、必要なときにタイミングを逃さず簡単に飲むことが可能であり、いつでも最高の状態の自分を作りだします。

たんばく質を摂取するという意味では、パウダーでもタブレットでも同じです。
1回に摂るたんばく質の量を同じになるようにすれば、タブレットでもパウダーとだいたい同じ効果を期待することができます。
プロテインのタブレット以外にも、アミノ酸を補給するためのタブレットがありますが、これもたんばく質補給として使用することが可能です。
しかし、プロテインパウダーを使用せずにタブレットだけを使用するという方法にはデメリットがあります。

まず、費用の問題があります。
パウダーに比べてタブレットのほうが高価であるため、同じ量のたんばく質を摂取するためにはパウダーの何倍もの費用がかさんでしまいます。

また、パウダーを使用するときと同じ量のたんばく質をタブレットで摂取するためには、一度にかなりの量を摂取する必要があります。 タブレットの場合、ハイレベル型プロテイン1回分(スプーン2杯)に相当する量は30-50粒ほど(タブレットのたんぱく質含有量は製品によって違いがあります)にもなってしまいます。

賢い使い方は、状況や目的に応じてタブレットとパウダーを使い分けるということです。
外出先で摂取する場合や、こまめにたんばく質を補給したいという場合などにはタブレットを使用し、たんばく質をしっかり補給したいときにはパウダーを使用するといった使い分けをするとよいでしょう。

この記事へのトラックバック