身長も伸びるプロテイン




プロテインとは、タンパク質を英語で言ったものです。
このタンパク質を補助する栄養補助食品をプロテインといっています。
本来はタンパク質という意味ですが、タンパク質の栄養補助食品としての名前のほうが有名です。

基本的にプロテインサプリメントは粉末状のものが多く、牛乳などにに溶かして飲みます。
プロテインを溶かした牛乳のことをプロテインミルクと言います。

『身長は遺伝によって決まるものである』と一般的には思われていますが、遺伝のほかにも睡眠や栄養、運動、周辺環境といった様々な要因が身長に影響します。
プロテイン(たんぱく質)を上手に組み合わせて食べる事は、遺伝に関わらず身長を伸ばすためにとても大切なことです。

プロテイン(たんぱく質)は、体内でアミノ酸に分解され、身体に吸収されます。
体内で合成されないアミノ酸は『必須アミノ酸』と呼ばれ、その数は8種類あります。
また、肉体に合成される時は、必須アミノ酸の少ないものの範囲でしか利用されません。
つまりプロテイン(たんぱく質)を摂るには『1種類のたんぱく質の食品ではなく、数種類のたんぱく質の食品を混ぜて食べる』という事が大切なのです。

プロテイン(たんぱく質)にも様々な食品がありますが、肉、魚、卵、豆類をいくつか合わせて食べることが、吸収という意味では大切です。
プロテイン(たんぱく質)を食べて、多くの必須アミノ酸を吸収するということが可能になれば、体の成長に十分な材料を得ることができるのです。
それはつまり、身長を伸ばす材料を十分に得ることができるということになります。

最近は一部のスポーツ用品店等で、この点をよく考えて作られた人工のプロテインも販売されています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51841702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック