様々な原料を用いたプロテイン




使う側が十分にプロテインの有効性を理解したうえで使うと、プロテインダイエットの効果は得られやすくなります。
「プロテインとサプリメント」「プロテインと運動」というように組み合わせることで、より高いダイエット効果が得られて痩せることができます。

牛乳を原料としたプロテインには、筋肉作りに効果があると言われる『ホエイタンパク』と『ガゼインタンパク』が含有されています。
これらは消化吸収率が高いので、トレーニング後に補給すると筋肉の増強により役立ちます。
スポーツでは主に、瞬発系種目の選手に適したたんぱく質であるといえます。

また、牛乳を原材料としたプロテインの中には、アミノ酸の分子に近いレベルまで酵素分解して吸収率を高めた『ホエイペプチド』や、余分な脂肪分や乳糖といったものを取り除いてホエイタンパクだけの純度を高めた『ホエイプロテイン・アイソレート』といったものもあります。
ホエイには、グルタミンや筋肉を作るBCAA(分岐鎖アミノ酸)がたっぷり含有されているので、プロテインの中でも極めて効果の高いプロテインといえます。
瞬発系種目の選手はもちろん、負荷の強いウェイトトレーニングなどで更なる筋力アップを目指す人には、牛乳を原材料としたものが適しています。

卵を原料としたプロテインは、卵の黄身を取り除き、卵白からたんぱく質を分離したプロテインです。
卵白に含まれるアルブミンは、人体のたんぱく質とアミノ酸組成が似ている良質なたんぱく源です。
必須アミノ酸と非必須アミノ酸の両方をバランス良く含んでおり、さらに黄身を使っていないので、脂肪分0%、コレステロール0%の高たんぱくプロテインです。
男性は筋肉の増強、女性はダイエットを目的として摂取する人が多いようです。

大豆たんぱく質には、便秘を改善したり、中性脂肪やコレステロールを抑えるという機能があり、体脂肪の蓄積を抑制する効果もあります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51842162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック