筋肉の成長とプロテイン




タンパク質だけが筋トレの栄養補給に重要であるというのは、大きな間違いです。
筋肉の成長に不可欠であるのはタンパク質だけではありません。
プロテインのほかにも食事はしっかり摂取すべきであるということは理解していると思いますが、世間ではそのことの重要性についての認識が低いようです。

筋肉の成長にはタンパク質のほかに、炭水化物も必要となってきます。
炭水化物は食事で十分に摂取することが不可欠です。
そして、炭水化物において1番手軽で、しかも効果が高いのは『ご飯』です。
『お米』です。
タンパク質だけで炭水化物が不足していると、筋グリコーゲンが不足してしまうために筋肉がよく成長できません。

そして、炭水化物が不足しているとエネルギー不足になりやすいため、筋トレでも全力を発揮することが不可能です。
その上、メタボリックになりやすくタンパク質を無駄に消費してしまうことにもなります。
総カロリーの半分は炭水化物(ご飯)で摂取するということが重要です。
どこにでもあるご飯ですから、摂取することは困難ではないはずです。
ご飯じゃなくても、パスタ、パン、麺など、主食になるものは炭水化物ですが、ご飯が1番良いのです。

それでは、なぜプロテインはタンパク質含有量にこだわるのでしょうか。
それはプロテイン=タンパク質であるからです。
「タンパク質を摂取するためにプロテインを飲む」という行為なのです。
決してビタミンや炭水化物を摂取するためではありません。
そういうものは食事で摂取するものです。
筋トレ後のゴールデンタイムにいち早くタンパク質を吸収させたいために、プロテインは高タンパク含有が良いのです。
その他の栄養はその後の食事からでも十分に間に合いますよね。

プロテインは筋肉に抜群の効果を出すためのものですから、プロテインを選ぶときは慎重にならなければなりません。
食事は、しっかり偏らずに食べれば充分です。
難しく考えることなく、楽しく沢山食べましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51842584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック