プロテインで太る?



プロテインは以前から、激しいスポーツをする人、外食の機会が多い人、インスタント食品が好きな人などに愛用されてきていましたが、近頃ではダイエットする人のためのサプリメントとして人気が出ています。

プロテインとはたんぱく質のことです。
たんぱく質は体の成分の中では水分を除いて一番多く、体の基本構造と機能をつくります。
トレーニングを行っている人は、体重1kg当たり約2gのたんぱく質が必要であると言われています。

多くたんぱく質を摂取するにはそれなりの食品を摂取しなければいけないのですが、そうなると当然脂肪分も多く摂取することになります。
ウエイトコントロールを行っている人にとって、脂肪を過剰に摂取することは大問題です。
そこで、低脂肪であるプロテインパウダーを使用することにより、たんぱく質をうまく摂取することが可能となり、計画的に必要量を摂取することができるわけですから、プロテインはダイエットにとても適しています。

「プロテインを摂取すると太る」と、未だに多くの人が誤解をしています。
プロテインを摂取すると太るということはありません。
しかし逆に、「プロテインサプリメントを飲んでいるからダイエットになる」「痩せる」「筋肉がつく」ということもありません。
プロテインは薬ではないため、それを飲んだから筋肉がつくということはありません。

筋肉は脂肪より比重が重いため、男性の場合は「筋肉がついて体重が増えた」という話もあります。
しかし女性の場合は、まず筋肉質になることはないため「筋肉がついて体重が増えて太る」ということはありません。
そして「プロテインサプリメントを飲むと、脂肪の上に筋肉がつくために余計に太る」ということもありません。

この記事へのトラックバック