プロテインの摂取方法



簡単にできるダイエットとして、プロテインダイエットが女性に大人気です。
牛乳に溶かして混ぜるだけ、と作り方も超簡単です。

手軽にたんぱく質を摂取することが可能であるのがプロテインの魅力ですが、単純に好きなタイミングで好きな量を摂取すれば効果がある、というわけではありません。
摂取方法によっては、体作りの効果は半減しますから注意しましょう。

日本人の場合の摂取方法は、一度に摂取する量は大人で20g(回復系は40g)を上限にしたほうがいいとされています。
それ以上多く摂取してしまうと、吸収することができずに下痢をすることがあります。
日本人は肉を食べる習慣があまりなかったので、胃腸もそのように適応しています。
たんぱく質を摂取する時は分けて摂取して、体に負担をかけないようにしましょう。
細かく分けて摂取するほうが、体作りのためにも効果的なのです。

プロテインに限ったことではありませんが、過剰に摂取することは避け、摂取方法を守りましょう。
過剰なプロテイン摂取は、腎臓に負担をかけます。
また、余分なたんぱく質は体脂肪として蓄えられ、蓄えられなかった分が尿として出たり、顔などに吹き出ものとして出たりします。

ダイエット中はカロリー摂取量を抑えすぎてしまい、その結果、たんぱく質の摂取量が不足することがよくあります。
体重は減少しても筋肉や基礎代謝が体脂肪より大きく落ちて、ダイエットの後に体調が悪化したり、リバウンドを引き起こすという場合もあります。
これを防止するために、プロテインは補助的に使用されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51843451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック