プロテインの種類



通常の食事からタンパク質を適切に摂取できていれば問題はありません。
しかし現状では、トレーニングやスポーツをする人は、1日に必要なタンパク質量を食事からだけでは摂れていません。
そのため、食事と栄養を常に意識し、計画的にタンパク質を摂取することが、目的の体に近づくためには不可欠です。
筋肉、内臓、骨、血液、爪といった体内のあらゆるところがプロテインで構成されています。
プロテインは人間の体の最も基本的な栄養で、生きるために不可欠である非常に大切なものなのです。

たんぱく質の含有量によって、プロテインサプリメントはいくつかの種類に分けられます。

現在販売されているプロテインには、たんぱく質含有率が高い高配合タイプのサプリメントと、カルシウムや鉄分、ビタミン、糖質といった栄養素をバランスよく配合したタイプのサプリメントとがあります。

高配合型はたんぱく質含有率が80〜90%と高く、スポーツ選手や筋肉をより増強したい人など、たんぱく質を多く必要とする人を対象として開発された商品です。

バランス配合型はたんぱく質含有率を抑えて、カルシウムや鉄分、ビタミン、糖質などの栄養素をバランスよく配合した種類です。
目的が成長に必要な栄養素の補助であるジュニア向けプロテインや、糖質を多くすることによってエネルギー不足を解消し、ウエイトアップを図るプロテインなどはこの種類となります。

また、その原材料には、『牛乳』から作られるものと『大豆』から作られるものとがあり、牛乳に含まれるたんぱく質には『カゼインたんぱく』と『ホエイたんぱく』とがあります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51843597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック