プロテインの効果的な摂取方法



プロテインダイエットに関する正しい知識と、プロテインの効果的な摂取方法を解説します。

「高たんぱく質健康食品」のことをプロテインといいます。
プロテインはたんぱく質の含有量によって大きく2種類に分かれます。

一つはスポーツ選手など、筋肉量を増やしたい人を対象に開発された、たんぱく質含有量が80〜90%と高配合の健康食品プロテインです。

もう一つは、健康維持や成長促進目的などのためのたんぱく質含有量があまり高くないタイプの健康食品プロテインです。
たんぱく質量を抑える代わりに、バランスよくカルシウムや鉄分、ビタミンといった様々な栄養素を配合しています。

プロテインを効果的にするための摂取のタイミングは、食事の後と、運動の後1時間以内です。

食事の後がいいという理由は、食事を取ることで体内にインシュリンが分泌され、たんぱく質が速やかに吸収されるためです。
運動後に摂取するのがいいという理由は、運動を終了した直後から筋肉の修復作業が行われるためです。
この時にタイミングよくたんぱく質を摂取するということが効果的です。

1回の摂取量は大人で20g(回復系は40g)が適量です。
一度に多量に摂取した場合には、過剰分を吸収することができずに下痢をする可能性があります。
プロテインを摂取する場合には1回20gを目安とし、多量に摂取する場合には数回に分けて摂取するようにしてください。

開封後は、吸湿を避けるためチャックをしっかりと閉め、涼しい場所(25℃以下)で保存し、できるだけ早めに使用してください。
目安としては3ヶ月以内です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51843825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック