プロテインとの付き合い方



プロテインとはたんぱく質のことです。
たんぱく質は人間の体をつくっている成分の一つであり、水分を除けば人間の体の約半分はたんぱく質でできています。

プロテインは、いくつものアミノ酸が結びついた大きな分子のことです。
水に溶けさせずに栄養にするためには、消化してアミノ酸に分解しなければ腸から吸収することが不可能であり、消化も負担が大きいです。


プロテインをサプリメントとして摂取する日と摂取しない日とがあると、せっかくのプロテインも効果が半減してしまうという場合があります。

例えば、ダイエットの際、摂取エネルギーを抑えて、タブレットやプロテインによって不足した栄養素を摂る方法をとっていたAさん。
気が向いたときだけ補助的にサプリメントとしてプロテインを飲んでいたため、低カロリーの食事によって減量の効果があったものの、結成タンパクが標準値を下回り、貧血と診断されました。
しかし、間違いに気づいたAさんは、定期的に継続してプロテインを補助的にサプリメントとして摂取するようにしたところ、血液検査もすべて良好と診断されました。
ダイエットの効果もありました。

やはり、継続して摂ることが筋肉の向上(維持)だけではなく、体調の改善にも不可欠なのです。
個人差はあるものの、2〜3ヶ月でプロテインの効果が現れてきます。

あるケースでは、摂取カロリーを抑えた場合にたんぱく質摂取量までも不足して、体重は減少したものの、筋肉や基礎代謝が体脂肪よりも大きく落ちてしまい、ダイエット後にリバウンドや体調悪化を引き起こしたということもありました。
この対策のために、プロテインが補助的に使用されています。

この記事へのトラックバック