なぜプロテインを飲むと良いの?



なぜ、プロテインを飲むと良いのでしょうか?

たんぱく質は筋肉を作る原料ですが、人間が一度に吸収することの可能なたんぱく質の量は決まっています。
個人差もありますが、一度に約20〜30gのたんぱく質を吸収できます。
しかし、たんぱく質30gの含まれる食事を摂っても、全て吸収するという訳ではありません。
その何倍もの量の食事をして、ようやく30gのたんぱく質を吸収するということが可能になるのです。
しかし、吸収することのできなかった栄養素は脂肪になってしまいます。
ですから、吸収率の高い高たんぱく低カロリーのプロテインを飲むと良いのです。

食事の後や、運動・トレーニングの後1時間以内にプロテインを摂ると効果的です。
栄養補給において一番大事な食事と合わせることにより、食事のたんぱく質をきちんと補完しましょう。

食事の後が効果的である理由は、食事を摂取することによりインシュリンが分泌され、たんぱく質が速やかに吸収されるからです。
朝食でたんぱく質を十分に摂取できる人は少ないため、朝食後は特におススメです。

運動の後が効果的である理由は、運動直後のたんぱく質摂取が筋肉などのたんぱく合成を高めるためです。
トレーニングの直後に高たんぱくな食事を摂取することが可能であるならば、プロテインを飲む必要はありません。

トレーニングを行った日の就寝前にプロテインを飲むと、就寝中の筋肉の発育が良く、しかも低カロリーであるため非常に重宝します。

ダイエット中は栄養不足になりやすいので、タンパク質、ミネラル、ビタミンがバランスよく含まれ、かつ脂質が少なく低カロリーなプロテインが効果的です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51846023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック