筋肉の成長とプロテイン




タンパク質だけが筋トレの栄養補給に重要であるというのは、大きな間違いです。
筋肉の成長に不可欠であるのはタンパク質だけではありません。
プロテインのほかにも食事はしっかり摂取すべきであるということは理解していると思いますが、世間ではそのことの重要性についての認識が低いようです。

筋肉の成長にはタンパク質のほかに、炭水化物も必要となってきます。
炭水化物は食事で十分に摂取することが不可欠です。
そして、炭水化物において1番手軽で、しかも効果が高いのは『ご飯』です。
『お米』です。
タンパク質だけで炭水化物が不足していると、筋グリコーゲンが不足してしまうために筋肉がよく成長できません。

そして、炭水化物が不足しているとエネルギー不足になりやすいため、筋トレでも全力を発揮することが不可能です。
その上、メタボリックになりやすくタンパク質を無駄に消費してしまうことにもなります。
総カロリーの半分は炭水化物(ご飯)で摂取するということが重要です。
どこにでもあるご飯ですから、摂取することは困難ではないはずです。
ご飯じゃなくても、パスタ、パン、麺など、主食になるものは炭水化物ですが、ご飯が1番良いのです。

それでは、なぜプロテインはタンパク質含有量にこだわるのでしょうか。
それはプロテイン=タンパク質であるからです。
「タンパク質を摂取するためにプロテインを飲む」という行為なのです。
決してビタミンや炭水化物を摂取するためではありません。
そういうものは食事で摂取するものです。
筋トレ後のゴールデンタイムにいち早くタンパク質を吸収させたいために、プロテインは高タンパク含有が良いのです。
その他の栄養はその後の食事からでも十分に間に合いますよね。

プロテインは筋肉に抜群の効果を出すためのものですから、プロテインを選ぶときは慎重にならなければなりません。
食事は、しっかり偏らずに食べれば充分です。
難しく考えることなく、楽しく沢山食べましょう。

身長も伸びるプロテイン




プロテインとは、タンパク質を英語で言ったものです。
このタンパク質を補助する栄養補助食品をプロテインといっています。
本来はタンパク質という意味ですが、タンパク質の栄養補助食品としての名前のほうが有名です。

基本的にプロテインサプリメントは粉末状のものが多く、牛乳などにに溶かして飲みます。
プロテインを溶かした牛乳のことをプロテインミルクと言います。

『身長は遺伝によって決まるものである』と一般的には思われていますが、遺伝のほかにも睡眠や栄養、運動、周辺環境といった様々な要因が身長に影響します。
プロテイン(たんぱく質)を上手に組み合わせて食べる事は、遺伝に関わらず身長を伸ばすためにとても大切なことです。

プロテイン(たんぱく質)は、体内でアミノ酸に分解され、身体に吸収されます。
体内で合成されないアミノ酸は『必須アミノ酸』と呼ばれ、その数は8種類あります。
また、肉体に合成される時は、必須アミノ酸の少ないものの範囲でしか利用されません。
つまりプロテイン(たんぱく質)を摂るには『1種類のたんぱく質の食品ではなく、数種類のたんぱく質の食品を混ぜて食べる』という事が大切なのです。

プロテイン(たんぱく質)にも様々な食品がありますが、肉、魚、卵、豆類をいくつか合わせて食べることが、吸収という意味では大切です。
プロテイン(たんぱく質)を食べて、多くの必須アミノ酸を吸収するということが可能になれば、体の成長に十分な材料を得ることができるのです。
それはつまり、身長を伸ばす材料を十分に得ることができるということになります。

最近は一部のスポーツ用品店等で、この点をよく考えて作られた人工のプロテインも販売されています。

プロテインパウダーの効果



プロテインパウダーとは、筋肉の材料になるタンパク質のパウダーのことです。

トレーニングを頑張っても、十分なタンパク質を摂取できていないと、筋肉の発達効果は低くなります。
一般の人よりも2倍近い量を摂取することが不可欠であると言われています。体重1kgにつき約2gのタンパク質が必要となり、大体70kgの人で140gのタンパク質が必要となる計算です。
1回の食事で摂取することのできるタンパク質が大体20〜30gとしても、1日3回の食事ではわずか60〜90gしかありません。
これは一般の70kgの人(特にトレーニングやスポーツをしていない人)にとっては丁度良い量ですが、「パワーアップしたい」「筋肉を付けたい」と言う人にはあまりにも少なすぎます。

そこでおすすめするのがプロテインパウダーです。
摂取するタイミングとしては、起床直後、トレーニング直後、就寝前がポイントです。
これらのタイミングは、体が筋肉の発達の為にタンパク質を必要としている時であるため、ぜひ毎日摂取しましょう。
それ以外にも、食事と食事の間隔が3時間以上空くようであれば、その間のタイミングに1回摂取する事をおすすめします。

プロテインの摂取が必要となるのは、インスタント食品をとることが多い人、外食の多い人、激しいスポーツをする人です。

また最近は、ダイエット後のリバウンドなどを防ぐためにも使われています。
摂取カロリーの不足からたんぱく質も摂取不足となり、体重は減少しても、筋肉や基礎代謝が大きく落ちて、ダイエット後にリバウンドしたり、体調不良となる場合があります。
プロテインはこれを防ぐために用いられており、効果的です。

バストアップに効くプロテイン



プロテインというと、アスリートが筋力アップなどのために摂取するサプリメントというイメージが強いですよね。
プロテインは筋力アップだけではなく、身体の成長を補助します。

バストアップサプリメントの多くには、バストが成長するためのホルモン分泌を促進する効果があります。
しかし、ホルモンが分泌されてもバストアップサプリメントの効果は成長するための栄養がなければ無駄になってしまいます。
そこでプロテインとの併用によって初めて、バストアップ効果を実感することが可能になるわけです。
バストアップのサプリメントとプロテインを併用することにより、太ることもなく、メリハリある女性らしいボディラインをゲットすることが可能です!

バストアップには『プエラリア』が効果的です。
女性が適量を守って使う場合、副作用はほとんどありません。
ただし、女性ホルモンが活発に分泌されている年代にプエラリアを摂取すると、効果が強すぎることもあります。
そこで『レディースプエラリア99%』などでは、若年用に『レディースプエラリアシスター』があります。

プエラリア効果は人によって違いが生じますが、効果が出るのは、プエラリアを根気よくとり続けた後のようです。
プエラリアは遅効性となっています。
口コミでもそういった評価です。

豊胸・バストアップに効果あるプエラリアで有名なのは、レディースプエラリア以外では『ダイヤモンド・プエラリア 500』『プエラリア99』『プエラリアDX』、そしてDHCのプエラリアです。
中でも『DHC濃縮プエラリア』は好評です。
『プエラリア・ハーバルサプリメント』もありますね。

バストアップを目指す女性には、これらのサプリメントとプロテインの併用をおススメします。