ダイエットのやる気を維持する方法



太るよりも痩せるほうが難しい場合が多いので
ダイエットを始めても体重が減らない停滞期にさしかかると
嫌になって続ける気力がなくなってしまいます。

どうやったらダイエットを始めた時のやる気を
維持することができるんでしようね?

ダイエットに成功してスリムな体型になったら
どんなファッションでも似合います。

今よりもっと綺麗になれるし
男性ならカッコ良くなると思います。

そう信じることが大事です。

着てみたい服のやせた時のサイズを買って
それを部屋の目立つ場所に飾るのって効果あります。

わたしが高校生の時に試して成功した方法ですから。
あのときは細いジーンズを壁に貼っていました。







しみ込む豆乳ダイエット



冬はどうしても太ってしまいますよね。
40代になってから特に感じます。

年齢に関係なくて続けやすい簡単なダイエットを探していた時に
豆乳ダイエットを知りました。

豆乳ダイエットとは、食事の前に豆乳を飲むだけ。
誰にでもできる簡単なダイエットです。

知っている人も多いとは思いますが
豆乳は大豆とほぼ同じ成分で低カロリー。
いろんな栄養素を含んでいるうえに
豆腐よりも栄養の吸収に優れています。

高タンパクで低コレステロールの豆乳は
ダイエットに最適と言われています。

植物性たんぱく質は脂肪を効率よく燃焼する働きがありますし
腸内の余分な脂肪や糖質を吸収させない働きもあります。
善玉コレステロールを増やしてくれて便秘防止にもなります。

豆乳なら体内吸収率が高いので特に適していますね。
ダイエットにも美肌にも人気です。







dnsのプロテイン



dnsホエイプロテインは本物です!
以前までのプロテインは、多くの量を飲まなければ必要な量のたんぱく質を摂取することが不可能なので、量が多いために完全に溶かすことができず、固まりになってしまったり、ドロドロになってしまいます。
しかし、少量で必要な量のたんぱく質を摂取することが『dns ホエイプロテイン』であれば可能です。
溶かす量が少ない分、簡単にプロテインを溶かせます。
もともと溶けやすい作りになっているため、溶けやすいのも当然です。

dnsホエイプロテインはホエイタンパクが100%配合されている本物のプロテインであるといえます。
その人の体格や食生活、トレーニングといったものによって個人差はありますが、早い人であれば2週間ぐらいで変化が見られることもあります。
ただし、筋力が向上しても、はっきりと目に見える形で筋肉に変化が出るまでには時間がかかるため、最低でもトレーニングと共に3ヶ月は継続しなければなりません。
平均して1日30g程度のプロテインを摂ったとすると、1ヶ月で約1kg摂取することになります。
つまり1kgの袋に入ったプロテインであれば、3袋を使い切った頃に、目に見える変化が出てくるはずです。

筋肉の強化は1日にして成るものではなく、筋繊維が壊れては再生し、壊れては再生するというサイクルを繰り返して強化されるものです。
そして、毎日の栄養摂取、トレーニング、休養の3要素があいまって、初めて作られるのです。

dnsホエイプロテインの本物の効果を短期間で感じたいのであれば、お徳用3000gを飲むことをおすすめします。
少ない内容量であれば、どうしてももったいなく感じてしまい、必要な量を続けて飲むことが難しいでしょう。
今後もプロテインを飲み続けるのであれば、お徳用の方がおすすめです。

DHCプロテインダイエット



プロテインとは?と聞かれても多くの人は実物を見たことも、食べたこともないのではないでしょうか。
「プロテインはテレビのCMでなら見たことがあるよ」程度だと思います。
正直なところ、あまり関心がないものかもしれません。
しかし、プロテインはとても大事な機能があるのです。

『DHCプロテインダイエット』はカラダに欠かせない栄養素を補給しながらカロリーコントロールをすることが可能です。
DHCが研究を重ねた最適の配合で、おいしく満足感溢れるダイエットドリンクに仕上がっています。
1袋で1回の食事に必要とされるたんぱく質、22種類のビタミン・ミネラルを摂取することが可能です。
さらに、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、ポリフェノール、食物繊維、オルニチン塩酸塩といった、ダイエットと美容をサポートする成分を積極的に配合しました。
アミノ酸スコア100、食物繊維は1袋に7,500mg以上とたっぷりです。
無理なく持続させるために、おいしさにもこだわった5つのフレーバーが用意されています。

DHCのプロテインダイエットは、1食に必要な栄養素がしっかりとれるだけでなく、美容成分や燃焼系成分が強力配合されています。
イチゴミルク、バナナ、ココア、ミルクティー、コーヒー牛乳の5つのフレーバーは何度も改良を重ね、自信を持って「おいしい!」といえる味です。
さらに、1食327円と、毎日ドリンクを続けて負担にならない価格に設定されています。

DHCプロティンダイエットは簡単でおいしいダイエットです。
350ccの水に溶かしてドリンクを作り、飲みます。
合成着色料・保存料は使用されていません。
1日2食のおきかえを限度に、朝、昼、夜、いつでも飲むことが可能です。

プロテインの飲み方



プロテインの消化の問題ですが、日本人が一度に処理することが可能であるたんぱく質の量は35g程度とされています。
一度にあまり摂取し過ぎると、腸内での腐敗を起こす可能性があります。
今では日本人の体格も欧米人に近づきつつあるため、処理能力は少しずつ上がっているかもしれませんが、一度に摂取し過ぎないようにすることによって防ぐことが可能です。
飲み方には十分に注意しましょう。

また、食事の代わりにプロテインという飲み方ですが、食事後の生活パターンによって大きく変わってくると思います。
この飲み方は、食事をプロテインに置き換えることにより、必要な栄養素を摂取しながら、エネルギーを効率的に抑えることが可能であるというところにその利点があります。

しかし、もしそのあとに活動的な生活パターン(エクササイズ含む)があるのであれば、運動に必要とされる炭水化物を確保することが不可能となります。
プロテインそのものは、運動のエネルギー源としての効率は良いとはいえません。
場合によってはプロテインを炭水化物に変えて、運動エネルギーを確保するという場合もありますが、そのためには脱アミノ化という過程が不可欠であるため、あまり極端に長期間行うようであれば、肝臓や腎臓に負担をかけるという可能性があります。

最新の栄養学では、たんぱく質は炭水化物と同時に摂取することにより、より効率的になるとされています。
最近はプロテインそのものだけでなく、かなりの割合で炭水化物を混ぜたものも多くなっているようです。
食事がわりに摂取するのであれば、炭水化物や他の微量栄養素も含まれたタイプのものがいいでしょう。

ダイエットとしてのプロテイン



プロテインは筋肉質な男性御用達のものというイメージですが、そもそもプロテインというのは、タンパク質のことをいいます。

ダイエットにおいては、余計なカロリーを含まず、質がいいタンパク質を充分に摂取することが不可欠です。
しかしタンパク質は、ダイエットの時に食事から摂取するということが最も困難なものです。
そこで、ダイエットの強い味方となるのがプロテインです。
『タンパク質の含有率』も『タンパク質の質』も、プロテインであれば条件を満たすことが可能です。

また、プロテインであれば溶かして飲むだけであるため、手間がかかるということもなく、値段もそれほど高くありません。
さらに近頃のプロテインは、カロリーも低く味もかなりおいしいものになっています。

プロテインのダイエットのための飲み方ですが、1日に1〜2回飲めばよいでしょう。
最適なタイミングは、2つあり、まずは運動したすぐ後です。
運動をするとタンパク質を大量に筋肉が欲しがるため、ここでプロテインを摂取しましょう。
消化吸収の速いプロテインの方が、普通の食事でタンパク質を摂取するよりも、タンパク質を筋肉により早く届けることができます。

もう1つのタイミングは就寝前です。
夕食を食べてから時間が経って、少しなにか食べたくなった頃などによいです。
プロテインは甘くておいしいため、食欲を満たすことができ、余分なカロリーの心配もありません。
また、就寝中は成長ホルモンがたくさん分泌されます。
筋肉を強くする働きが成長ホルモンにはあるため、就寝前にプロテインを飲むと筋肉の回復に有効です。

プロテインダイエット



今、プロテインダイエットが注目されています。
以前からあった「高タンパク質ダイエット」=「プロテインダイエット」なのですが、以前の高タンパク質ダイエットと比較すると、その内容は大きく変化しています。

高タンパクのプロテインダイエットが有効であることは昔から注目されていました。
しかし、栄養素が含まれてはいても、プロテインダイエットには『味』という最大の問題がありました。

しかし、最近のプロテインはかなり美味しいです。
これが高タンパクのプロテインダイエットが大躍進した最大の理由です。
ザバス・明治製菓・DHC・ホエイなど各社研究を重ね、プロテインダイエットは充実した品揃えになっています。

プロテインをサプリメントとして摂取する日と摂取しない日とでムラがあると、せっかくのプロテインも効果が半減してしまうという場合があります。
たとえば「ダイエットの際に、摂取エネルギーを抑えて、タブレットやプロテインによって不足した栄養素を摂る方法をとっていたが、気が向いたときだけ補助的にサプリメントとしてプロテインを飲んでいたため、低カロリーの食事によって減量の効果があったものの、結成タンパクが標準値を下回り、貧血と診断された」というケースもあります。

しかし、定期的に継続してプロテインを補助的にサプリメントとして摂取するようにしたところ、血液検査もすべて良好と診断され、栄養素もとれ、ダイエットの効果もありました。
やはり、継続して摂ることが筋肉の向上(維持)だけではなく、体調の改善といったことに不可欠なのですね。

大豆プロテインダイエット



多くの女性がプロテインダイエットに注目しています。
手軽にできるからというのが理由です。
牛乳に混ぜて飲むだけと作り方も簡単です。
体に不可欠な栄養素も摂取できるため毎日飲んでも大丈夫である、プロテインダイエット食品が気になります。

では、プロテインダイエットで痩せるという理由はなんなのでしょうか。
その理由とは継続して毎日行うことと手軽な運動を併用するということです。そうすることにより1ヶ月に2〜4キロ痩せるということが可能になるのです。
プロテインを摂取しているだけではあまり効果を得ることはできません。
プロテインダイエット食品に含まれる栄養成分をみてみると、多くのプロテインダイエット食品には植物性たんぱく質である大豆たんぱく質、ビタミン類、カルシウム、鉄、亜鉛、食物繊維といったものが含有されています。
その中でも食物繊維にはコレステロールの改善や腸の機能の改善といったことに効果があることがわかっています。

植物性たんぱく質の中でも大豆たんぱくは良質といわれています。
植物性たんぱく質である大豆たんぱくには、抗酸化作用(大豆に含まれるイソフラボン)やコレステロールを下げる働きとがあるので、健康維持に役立ちます。
さらに動物性食品と比較すると低カロリーであることや、基礎代謝を活発にする機能が存在することから、ダイエットに適したものであるとして注目されています。

ダイエットを持続させることがなかなか出来ず、いつも新しいダイエットを求めているという人には試してみる価値がありそうですね。
大豆プロテインダイエットは、手軽においしく、長く続けられるダイエット法としてこれからも人気が出ると思われます。

プロテインダイエットの効果と方法



食事とダイエットを兼ねた優れた方法としてプロテインダイエットが注目されています。

さて、プロテインダイエットによってどの程度痩せるということが可能なのでしょうか。
管理人が実際に試してみた例によると、1日3食のうち2食をサプリメントとプロテインに代えて実行したところ、1ヶ月で4キロ痩せることに成功しました。

しかし、ただプロテインを摂取するというだけではなく、適度な運動も併用して実行するということが重要です。
このプロテインダイエット食品にはビタミン類、食物繊維、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、鉄、亜鉛といったものが含有されていますが、その中のヒアルロン酸には冷え症、生理痛の緩和、老化防止、貧血に効果があります。
プロテインダイエットはプロテインに含まれている栄養成分を摂取することと適度な運動をすることによって長期的に痩せるという効果を得ることが可能なのであり、摂取するだけで痩せるという方法なのではありません。

ダイエット中は摂取カロリーの不足によりたんぱく質も摂取不足となり、体重は減少しても、筋肉や基礎代謝が大きく落ちて、ダイエット後にリバウンドを起こしたり、体調不良となったりすることがよくあります。
プロテインダイエットはプロテインに含まれている栄養成分を摂取することと適度な運動をすることによって長期的に痩せるという効果を得ることが可能なのであり、摂取するだけで痩せるという方法なのではありません。

短期間で急激に痩せるということはリバウンドを招くということに繋がるので注意しなければなりません。

味には豊富な種類にあり、毎日飲んでいても飽きないように工夫されています。
飲むだけで満足感が得られるということが人気のある一番の理由でしょう。
プロテインダイエットは、これからの人気のダイエットとして方法が確立されていくと思われます。

明治プロテインダイエット



英語でたんぱく質を「プロテイン」といいますが、これは「第一」という意味のギリシア語から生まれたものです。

脂質、糖質とともに三大栄養素のひとつです。
タンパク質は約20種のアミノ酸によって構成されており、生物体の主要構成成分です。
健康には欠かせません。
アミノ酸の構成は食べ物によって違いがあります。

明治プロテインダイエットがリニューアルし、もっと飲みやすくなりました。
健康的であるなど以前からの良さはそのままに、もっと美味しく飲みやすくなったのです。
明治プロテインダイエットは、水溶性も大きく改良しました。
冷たい牛乳でもサッと溶けます。
シェーカーを使用することなく、スプーンでかきまぜるというだけですぐに作れるため、朝が忙しい女性にとっても楽です。

当然のことですが、安全で健康的で栄養バランスのとれたプロテインダイエットです。
女性にもおすすめです。
明治製菓という日本を代表するお菓子メーカーの技術により、徹底的に美味しさにこだわっています。
また、1食240円程度と安価に設定されています。
明治プロテインダイエットで理想のスタイルを目指してみませんか?

プロテインで太る?



プロテインは以前から、激しいスポーツをする人、外食の機会が多い人、インスタント食品が好きな人などに愛用されてきていましたが、近頃ではダイエットする人のためのサプリメントとして人気が出ています。

プロテインとはたんぱく質のことです。
たんぱく質は体の成分の中では水分を除いて一番多く、体の基本構造と機能をつくります。
トレーニングを行っている人は、体重1kg当たり約2gのたんぱく質が必要であると言われています。

多くたんぱく質を摂取するにはそれなりの食品を摂取しなければいけないのですが、そうなると当然脂肪分も多く摂取することになります。
ウエイトコントロールを行っている人にとって、脂肪を過剰に摂取することは大問題です。
そこで、低脂肪であるプロテインパウダーを使用することにより、たんぱく質をうまく摂取することが可能となり、計画的に必要量を摂取することができるわけですから、プロテインはダイエットにとても適しています。

「プロテインを摂取すると太る」と、未だに多くの人が誤解をしています。
プロテインを摂取すると太るということはありません。
しかし逆に、「プロテインサプリメントを飲んでいるからダイエットになる」「痩せる」「筋肉がつく」ということもありません。
プロテインは薬ではないため、それを飲んだから筋肉がつくということはありません。

筋肉は脂肪より比重が重いため、男性の場合は「筋肉がついて体重が増えた」という話もあります。
しかし女性の場合は、まず筋肉質になることはないため「筋肉がついて体重が増えて太る」ということはありません。
そして「プロテインサプリメントを飲むと、脂肪の上に筋肉がつくために余計に太る」ということもありません。

プロテインダイエットと摂取量



近頃、プロテインはダイエット用のサプリメントとしても注目されています。
食事の代わりに規定量のプロテインを摂取したり、スポーツをしながらプロテイン飲料を飲むという方法があります。

脂肪分を摂取しないため、引き締まった体を創り上げることができます。
しかし、トレーニングをせずにただプロテイン飲料を飲むだけであると、過剰なカロリーをとってしまう可能性があるために注意しなければなりません。

プロテインサプリメントは主に、立派な筋肉を作ることを目的として摂取されます。
単純なたんぱく質は肉や卵からも摂ることができますが、それらを大量に摂取すれば脂肪も大量に摂取することになり、余分な贅肉をつける原因となってしまいます。
そこで筋肉を作ることを主目的とし、脂肪分が少ないプロテインサプリメントが使用されることになります。

理想的なプロテインの摂取量はどのくらいでしょうか。
昔、家庭科の授業などで習った経験があるかもしれません。
一般的に、プロテインの理想的な摂取量は体重の1/1000と言われています。
しかし1/1000といわれてもイメージが湧きにくいものです。
もし体重が50kgであれば、1日のプロテインの理想的な摂取量は50gとなります。
50gのプロテインを食物から摂取しようとすると、肉でいうと約250gも食べる必要があります。
こういった場合は、高たんぱくで低脂肪の食品、あるいはプロテインパウダーなどのサプリメントで補う必要があります。

プロテインダイエットはその人の体格や食生活、トレーニングといったものによって個人差はありますが、早い人であれば2週間ほどで変化が見られることもあります。
しかし、プロテインダイエットは筋力が向上しても、はっきりと目に見える形で筋肉に変化が出るまでには時間がかかるため、最低でも3ヶ月はトレーニングと併用して継続しなければなりません。

プロテインダイエットとホエイ



プロテインダイエットのプロテインはアミノ酸からできています。
アミノ酸を摂ることにより、脂肪を分解しやすい体の状態にします。
この分解しやすい状態でトレーニングを行うことにより、高いダイエット効果が期待できます。

プロテインダイエットの効果は、かなり広く知られるようになってきました。
その中でも『ホエイプロテイン』が、近頃特に注目されています。
ホエイプロテインは牛乳等に含まれる乳性タンパクのことであり、わかりやすく言えば、ホットミルクの表面に膜を作る成分です。
数あるたんぱく質の中でも体内へ吸収速度が一番早く、体内で利用される率も高いといった理由により、プロテインの中でも先進的なものとしてホエイ入りプロテインの人気が高まっています。

また、ホエイプロテインが注目されるもう一つ理由は、分岐鎖アミノ酸(BCAA)の含有率が高いということです。
この分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、筋肉の損傷をすばやく回復します。
筋肉疲労や筋肉痛の防止に役立つ物質が多く含有されており、運動後の疲労した筋肉に栄養補給をするために大事な役割を果たします。
また、分岐鎖アミノ酸は、体の疲労だけではなく、長時間体を酷使すると生じる、集中力の欠如や倦怠感といった、中枢性の疲労をも軽減します。

その人の体格や食生活、トレーニングといったものによって個人差はありますが、早い人であれば2週間ぐらいで変化が見られることもあります。
ただし、筋力が向上しても、はっきりと目に見える形で筋肉に変化が出るまでには時間がかかるため、最低でもトレーニングと共に3ヶ月は継続しなければなりません。
平均して1日30g程度のプロテインを摂ったとすると、1ヶ月で約1kg摂取することになります。
つまり1kgの袋に入ったプロテインであれば、3袋を使い切った頃に、目に見える変化が出てくるはずです。